江東良一流格闘拳法とは

江東良一流格闘拳法の技は、打撃技、関節技、組技から成り立っています。

突き・蹴りの打撃技も、関節技も、組技も、それぞれが守りと反撃からなる護身術となっています。

したがって、体格の大きさや力の強さに頼らなくても、相手を制することができるように構成されています。

武道理念のページでも触れていますが、人と争うのではなく、人と人とが協力し合うことの楽しさと大切さを学ぶことに修練の目的を据えています。

稽古・鍛錬を通じて、自分さえ良ければいいというものではなく、自他共存を目指し、社会に貢献する人材を育てることが最終目的なのです。